PHILOSOPHERS

哲学者の紹介

エピクテトス

西暦50~60年頃、フリギア(現在のトルコ)のヒエラポリス生まれ。

哲学史上でも珍しい解放奴隷出身の哲学者である。

有名なストア哲学者ムソニウス・ルーフスの下で哲学を学び、解放奴隷となった。

その後、私塾を開いて生計を立てる。

奴隷としての出自、慢性的な肢体不自由、国外追放の辛辣、塾講師としての不安定な収入といった

多くの困難を抱えながら、ストア派の哲学を自身の生き方として洗練させていった。

 

エピクテトスの名言

①    人々を不安にさせるのは、物事ではない。

       物事についての意見だ。

②    自由と幸福は、私たちがコントロールできる範囲を超えたものに対して

       無視することで得ることができる。

③    他人の称賛を期待してはいけません。

       あなたを愛する人でさえ、あなたのアイディアにいつも賛同してくれるわけではありません。

④    無知な人は不幸に遭うと他人を責める傾向にあります。

       自分を責めることは成長の証です。

       ただし賢者は他人は勿論、自分も責めません。