• philosopher

日原鍾乳洞に行ってきました (2022/7/30)



7月30日にメンバーで鍾乳洞に行って来ました。電車が奥多摩地区に滑り込んで行くと、景色は一変、命あふれる緑の世界になります。車内からも木々たちの発する生命エネルギーが十分に感じられ、早く自然の中を歩きたいと胸が高鳴ります。奥多摩駅からバスに乗る前に、川まで降りて、足を冷たい水に浸しながらの昼食。川の清冽な流れには、海とはまた違ったエネルギーを感じるとメンバーたちと会話しました。そして、鍾乳洞。地中の石灰岩を雨水が少しずつ溶かし、空洞を作り、さらにその溶けた水がつららのような鍾乳石を作る。1センチの鍾乳石となるには、150年を要するそうです。地球の営みの一端を見る気がしました。


























閲覧数:7回

最新記事

すべて表示

本の修理