• philosopher

オンラインイベント 古代インド「バガヴァッド・ギーター」

現代社会を生きる私たちに教えてくれること − (2020/6/27)



新型コロナウイルスの感染拡大のため、ニューアクロポリスで初めて、オンラインでの講演を行いました。当日、ほんとうに多くの方にご参加いただきました。心より感謝申し上げます。

試行錯誤しながら実施しましたが、講演中のチャットで一部対応できなかったことなど、至らない点も多く、反省点として次回に活かしたいと思います。

また普段、横浜へ来られない方ともつながることができました。スタッフ一同、喜んでいます。イベントの終了後は無事に実施できたことで、皆で安堵しました。参加者のみなさまから力をいただき、スタッフにとって忘れられない良い日となりました。また少しずつ成長していきたいと思っています。


ニューアクロポリスの哲学コースでも紹介しているバガヴァッド・ギーターについて、当日の講演から、簡単に記します。





アルジュナとクリシュナ

パンダーヴァ族とカウラーヴァ族の戦いを描いています。パンダーヴァ族の王子であるアルジュナと、師であり、御者、神の化身でもあるクリシュナとの聖なる対話という形をとり、内面の葛藤を中心テーマとしています。アルジュナは、クリシュナに導かれて、自分の短所を克服し、戦うことを決意します。カウラーヴァ族(親族でもある)との戦いは、カウラーヴァが自分自身の短所、パンダーヴァが長所、すなわち自分自身との戦いです。精神性の極みに到達しようとする葛藤は、人類全てに共通のテーマであり、多くの人々に読まれている要因だと思います。

インドの多くの神

講演でお伝えしたのは、創造の神ブラフマー、維持を司るヴィシュヌ、破壊の神シヴァ。破壊の神と聞くと、少し怖いですが、次の