top of page
  • 執筆者の写真philosopher

『ニューアクロポリス 第三回哲学学習発表会』(2024/2/17)



ニューアクロポリス 第三回哲学学習発表会が行われました。

冒頭で、国内会長より「今日はルネサンス期に生きたジョルダーノ・ブルーノが亡くなった日でもあります」とあり、哲学を学ぶ私たちの先輩でもある彼の成したことに思いを馳せつつ、敬意を表しながら、発表が始まりました。


横浜教室、京都教室、大阪教室と日本国内の全教室をオンラインでつなぎ、それぞれの教室からの立候補者が発表していきます。


発表されたテーマは、

「日本人の一生 どう生きるのか?」

「イザナギ、イザナミ」

「京都・祇園祭り」

「知的・感情的な美徳」

「日本に根付く神道のこころ」


今回初めて発表する参加者もおり、同じ哲学の道を歩む者としてお互いの探求心をほめたたえ合い、学びに対する熱を与え合う素晴らしい時間となりました。


聴講した生徒さんたちからは、次は私も発表する側に立ちたいと力強いコメントがありました。

国内支部長からは、「先に申し合わせたわけでもないのに、今回は日本をテーマにした発表が多かった。またもう一件のテーマは、哲学者として取り戻すべき美徳についてだった。改めて日本にある知恵をみんなで起こしてゆくべき時だと感じた。」という、これからの私たちの指標となるコメントがありました。また、国内会長からは、ぜひ全支部で集合して、開催したいという思いも伝えられて、次回はさらに幅広いテーマの発表会となりそうです。


この発表の成果は、何らかの形で、このページをご覧の皆さんにもシェアしてゆく予定です。ご期待ください。




閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page