top of page
  • 執筆者の写真philosopher

哲学ウォーク、開催しました!(2023/12/10)



あたたかい陽射しの中、横浜・センター北駅近くにある大塚・歳勝土遺跡公園を歩く哲学ウォークを開催しました。

当日は汗ばむほどの陽気。寒さを心配せずに、ゆっくり公園をめぐることが出来ました。


ここは、住居跡とともに墳墓跡も残る貴重な遺跡で、残された柱跡や溝跡を元に竪穴式住居、高床式倉庫、墳墓が再現されています。メンバーから、近くの川から少し離れた高台に住居群があったこと、住居の周りには空堀があったこと、また弥生時代はほぼ50年ごとに住まう場所を移していた等の説明があり、実ったどんぐりが落ちた大地を踏みしめながら、参加した皆さんとともに当時の暮らしに思いを馳せました。

公園内に移設された古民家を鑑賞した後、車座になって今日各自選んだ名言についてシェア。「死ぬ覚悟で生きる」ことについて、「逆境を生きる」ことについて、「自分との戦い」について、「自分で自分に良い運命を与える」ことについて、「本当の親切」について、「勝つことの本当の意味」について、またピタゴラスに一番親しみを感じるとシェアしてくださった方もいました。


今日皆さんにお配りした名言集を最後に掲載します。ご覧になる皆さんにこれらの言葉が届きますように。


・逆境は、人の真価を証明する、絶好の機会だ。(エピクテトス)

・つねに死ぬ覚悟でいる者のみが、真に自由な人間である。(ディオゲネス)

・意味のない言葉より、沈黙のほうがよい。(ピタゴラス)

・君に究極の戦いに参戦する事を勧める。それは自分との戦いだ。地球上のどんな戦いよりも、激しい。(プラトン)

・幸福な人間とは、自分で自分に良い運命を与えられる人のことである。(マルクス・アウレリウス・アントニヌス)

・本当の親切とは、親切にするなどとは考えもせずに行われるものだ。(老子)

・ほんとうに黙することのできる者だけが、ほんとうに語ることができ、ほんとうに黙することのできる者だけが、ほんとうに行動することができる。(キルケゴール)

・夜もすがら 仏の道をたずぬれば わが心にぞ たずねいりぬる(一休和尚)

・勝つことは、負けを恐れないことを意味する。(フラン・ターケンソン)

・自分自身に対する誠実さと他人に対する優しさ、すべてはこの二つに包括される。(孔子)



閲覧数:86回

最新記事

すべて表示
bottom of page